2012年1月18日水曜日

2012-01-18:和裁はじめました

私、身長180cmで裄76cmなんです。リサイクルや誰かから貰う着物、仕立て上がりなプレタの着物ではあうものがあまりないんですね。

で、毎回誂えてたわけですがそれもお金がかかるし、自分で作れたらどうなん?という事で今回縁があって知り合った和裁士さんの所に習いに行くことにしました。



最初に使うのはこちらの反物。
実家から余ってるってんでもらったもの。織り目もしっかりしてて結構いいものみたいです。

でも残念ながら反物幅が36cmくらいだったので自分用には作れません。なので女性物として作ることにしました。(反物幅x2が裄の長さとしてとれる値なので、縫い代等考えると僕の裄76cmの着物を作るには反物幅が40cm以上のものでないと厳しい)

業者さんに湯通しを頼んで戻ってきたのが1月初旬。先生と都合をあわせて初回が18日となったのでいってきました。 えーと何したんだったっけ…

反物をまずは屏風たたみで広げて (着物姿でやってたら先生に「職人みたいであたしより上手そうやわ〜」とか言われた。見た目重要だね。初めてでビクビクしながらやってたけどね)
反物の表と裏がわかるように目印をこんな風につけていきます。ヒゲが出ている方が裏。

この反物は色無地なので湯通しから上がってきたものの内側が表だろうということで印を2尺毎につけていきました。 2尺毎と言っても定規を使うのは面倒なので、だいたい軽く手を広げた幅が2尺ってことで印をつけていく。

印をつけたら、湯熨(だっけ?)織り目の歪みを直すためにスチームアイロンを軽く当てながら巻いていく。今回の反物はとても状態がいいというか織り目の歪みが全くなかったので逆にアイロンで歪ませてしまわないように注意しながらアイロンがけ。

この後、作る寸法に合わせて布の見積もり。身丈分が少し少なくなりそうだったので、衽分を少し削って身丈をとる事になりました。 今回は袖分と、衽分を定規で測って、へらで印をつけ、裁断!裁断緊張する!
でも切るしかないのでやっちゃいました。

写真には残ってないけど、ジョキジョキ切りました。何度も何度も定規当てて尺間違ってないか確認しながら。小心すぎ。

この日はそこまで。2つできた袖の端を9寸ずつ縫う宿題が出て、まち針つけた布を持ち帰り家で縫いました。


少しは運針なれた…かなぁ。理屈は分かった。途中で針一本折ったけどな!

友人と喋ったりツイッターしながらだったとは言え、9寸x2の18寸縫うのに1時間半も掛かった。そりゃ肩もこります。 次回はこの袖を更に進めるのかなー?楽しみ。←と今後も言ってられるかは知りません。

0 件のコメント:

コメントを投稿