2012年1月26日木曜日

2012-01−26:和裁稽古3回目:袖の角をキュー&背縫い

時間が開いたので何をしたか忘れてしまったΣ(゚д゚lll) えーと確か、袖の丸みを作りました。浴衣を作った友人に「糸をキューって引っ張って丸みを作るのが面白いよ」と聞いていたそこ。
基本的に「2cm」の丸みを使うとのこと。まずは縦と横の縫い目をつなぐラインで2cm丸みをチャコる。

 チャコった部分を可能な限り細かく縫っていく。その後チャコったラインから2分外側を平行してやはり細かく縫う。後者の縫い糸を引っ張ってキューっと丸みを作る。

キューしたところ。キューして玉止め。

    丸みの金具をはめてアイロンで押さえつける。この時キューしてひだになっている布部分、ひだが多いように(6つか8つだと素敵)かつひだの先端が袖中央を向くようにするとキレイに仕上がる。

 袖は今回はここまで。袖口を練習でくけてきて、と言われて「くけ」を初めて教わってそれは宿題。

 ◇ ◇ ◇

その後ついに背縫いに!2つに分かれてる後身頃がくっつくので少し着物っぽくなるよ。今回は背縫いを2bん目に簡単な袋縫いで仕上げることにしたので、まずは表から背縫い部分を運針。ひたすら運針。チクチク運針。運針慣れてきて調子に乗ってると糸こぎが足りずにシワが寄ったりして指摘される。調子のるといかんです。
数時間かけて背縫い一本目終わったの図。力尽きて反物くしゃくしゃ。


 宿題は今度は裏側から背縫い一本縫ってくる事。そのためにまず今回縫った背縫いの合わさった部分を広げてアイロン→裏返して背縫い部分で二つ折りしてアイロン→縫うラインにヘラ→チャコ→衿口手前4分までを運針。最後の3分(だっけ?)は返し縫いを繰り返して強く。

普通の(?)運針は慣れてきたけれど、こまめに糸こぎするとやっぱり時間かかる。これはしょうがないんですかね。軽く縫うように気をつけたらええんかなぁ?


0 件のコメント:

コメントを投稿