2012年2月1日水曜日

2012-02-01:和裁稽古4回目:くけ…くけー!

一週間経ってないのに忘れてきたぞ…。

 宿題(1) 袖口のくけ
 これはもともと練習だったので、後日ほどいてやり直し。思ったよりできてた…らしい。

 宿題(2)背縫い(2回目)
 okが出たので背縫いはひとまず終わり。

縫った所にキセをかけます。
キセって何やねん?縫い目が表から見えないように隠すようにすることっぽい。

今回で言えば背縫いした縫い目を隠すために縫い目+1分あたりで布を折りそこにアイロンをかけた。
◇ ◇ ◇

4回目の今日は背縫いがオッケーでたので後身頃のあげを処理します。
まずはあげ部分として始末するあげ地帯の上端と下端を合わせるように布を整え、まち針をして、そこを縫う。 
縫い終わったらまたきせをかけて、あげの山折りの山部分を後身頃にアイロンで押さえつける。 その日はそこで終わった。

 宿題は、このあげの山部分を後身頃にクケること。

袖口のくけは生地が周りに少なかったので持ちやすかったのだけど、今回後身頃横断するように縫うので周りの生地が邪魔でまずどう持てばいいのか手の配置で困る。

 手の配置がやっとこ決まってくけ始めると、1.5寸ずつ進んでいたのだけど上手くいけた後に下手にクケると悔しいので戻ってやり直すわけですよ。

それが何度と繰り返されるわけですよ。結局3時間くらい掛かったんじゃなかろうか。 

しかも途中で「糸が」ほどけてやり直しになるし。 しかもそのほどけた糸を途中で玉止めしようとしたら生きてる糸が短すぎて苦労するし。

 しかも最後玉止めで失敗するし。 くけてる最中、気づいてないけど多分息してない時がある。 近いうちにくけで窒息すると思う。

 あとめっちゃ肩に力入ってる。そのせいか翌日頭痛が酷かった。 今後あちこちクケ祭らしいですよ。くけ死しないように気をつけよう。オー(棒読み

0 件のコメント:

コメントを投稿