2012年4月13日金曜日

阿波しじら買っちゃった - わざわざ遠いお店で買う理由

熊谷の「きものこすぎ」に阿波しじら織が入ったってんで見に来た。

白っぽいの、青っぽいの、グレーっぽいのと入荷したそうで見せてもらった結果選んだのは…
白っぽいこれ。

白系って持ってなかったので選んでみた。暑くなる季節に向けて色味爽やかな感じでね。

素材の「しじら織」は表面しぼしぼしていて、木綿だけどかなりふんわか柔らかい。出来上がりが楽しみです。

きものこすぎさんは頼んでから2週間で仕立て上がるというのがユーザーとしてはとっても嬉しい。大抵のお店が国内仕立てでも国外仕立てでも1ヶ月待つのにね。
やっぱり買った着物は早く着たいと思うわけで2週間ってのは良い。


でもココで買うのはこすぎさんやスタッフさんの人柄、お店の雰囲気による所がやっぱり一番大きいです。

こすぎさんとこ訪れるのは3回目だけど、ここ来るといつも「わっはっは」って声だして笑うような話ばかりなんだもの。どうせ買うならそんなお店で買いたいじゃない。

今日も話しの一環で出たのだけど、電化製品だったらどの店で買っても製品仕様はもう決まってて同じ物が届くけれど、オーダーメイドの着物はやっぱり気に入ったお店で買いたいよねって。自分の気に入ったお店が残って欲しいものね。

自分が働いてお金稼ぐようになって強く思うようになったけれど、自分にとって残って欲しいサービス・お店に対しては、その対価をしっかり払いたい。だから無料が多いウェブサービスでもほんとによく使うものは有料会員になってる。なくなると困るから。

地元や近所に応援したい着物屋さんがないのよね。気に入るお店があればもちろん応援するけど、いくら住んでるとは言えそれだけで地元応援はできないな。 遠くにあってもお気に入りになればそんなに苦にならないわけですよ。がんばれ着物屋さん( ・∀・)

0 件のコメント:

コメントを投稿