2016年10月31日月曜日

友禅の技術、金彩でアート作品を作っているナツコさんの個展へ行ってきた

渋谷から表参道へいく途中のギャラリースペースで個展が行われていたので見てきました。

作家プロフィール
Natsuko Fushimi
日本の伝統染色技法「友禅染」に惹かれ、江戸友禅染職人の元で技術を学ぶ。友禅染の糸目糊技法を継承しながら、友禅染の最終工程である「金彩」技法を用いて、染色ではなく、金彩の線画を追及する金彩線画で独立。金彩アーティストとして活動中。
HP:http://natsukoyuzen.wix.com/kinsai
Instagram:https://instagram.com/kinsai_natsuko/


どれも下書きなしで一発で描くっていうんだから意味がわからない!すごすぎる!

メモ:2016/10/30の着物(12℃-16℃、曇)

  • アンダーシャツ(化繊)
  • 長襦袢(麻)
  • 長着:川越唐桟(木綿、袷)
  • 羽織:桐生お召(正絹)
マフラーは持参していたけれど使わなかった。
足~身体は寒くなく、むしろ暖か丁度良い具合でした。
手が若干寒かったけれど許容範囲。


2016年10月29日土曜日

メモ:2016/10/29の着物(16℃-20℃、曇)

気温に対してどんな服装でどうだったかメモしておこうかな、と。

2016 サローネin日本橋 10月の部が予想以上に楽しい催しだった

COREDO室町1の4階~5階で催されているきもの2016 サローネin日本橋の10月の部に行ってきました。

早速出迎えてくれる素敵な着物。これは総絞りですって。

ひとりで一服


いろいろ買い物をして帰ってくたびれたところに一服。ほっと一息。

菓子はミスドのポン・デ・リング。茶碗は先生から頂いた富士柄のものをはじめて使ってみたよ。

2016年10月28日金曜日

11月15日は「きものの日」

11月15日は「きものの日」だそうで。昭和41年制定というとずいぶん歴史は古いですけど認知度はいまいち?

そこで広く知ってもらい、きものを楽しんでもらうために雑誌の表紙を飾ったように写真を加工するアプリが出てました。



暗いところの文字が潰れてしまうので選ぶ写真がなかなか難しい…。



iOS用アプリがここからダウンロードできます↓

京都織物卸商業組合「きものの日ブック表紙アプリ」
https://appsto.re/jp/KUltfb.i

2016年10月26日水曜日

お家で着物体験

私がいつも「着物は楽しいよー」と言っているのを聞いていた友達が、我家に着物体験にやってきた。

本人は私に着付けてもらうつもりで来ていたのだが、実際は時々手伝ってあげながら私と一緒に本人に着付けてもらった。

そんな彼女の感想が…

「着物って一人で着られるものなんだ〜」
「全然苦しくないし、帯が身体にいい感じ♪」
「着物を普段に着るって発想なかったなぁ」

と言っていた。

きものはてな?【10月だけど単衣を着てもいいですか?】

連日30度が続いた9月。
やっと秋らしくなってきたと思ったらもう10月。

10月と言えば衣替え。
そろそろ袷の季節なんですねー。

ん…?ちょっと待って。
毎日暑かったのでじゃぶじゃぶ洗えるものばかり着ていて正絹の単衣を全然着てないよ。

でも衣替えの時期が着たからもう単衣を着るのはおかしいのかな?

夏の装い試行錯誤 その4 〜いざ熊谷!〜

(2012-09-17の記事です)

日本一?暑い熊谷へ着物で行ってきた〜!
今日は初めて12時間ぐらい着物を着た。

<組み合わせ>

  • サラファイン的な夏用Tシャツ
  • 長襦袢(麻100%/小千谷縮)
  • ステテコ(綿100%/サッカー生地7分丈)
  • 半衿(麻)
  • 阿波しじら
  • 伊達締め(紗/博多織)
  • 帯板(へちま仕様)
  • 推定名古屋帯(綿←多分)
  • 日傘

<感想>

2016年10月25日火曜日

コート無しで大晦日の夜を外で過ごした時の着物コーデ

友人が正月着物に興味をもったらしく話している中で、そういえばコート無しで大晦日の夜を過ごした事があったなぁと思い出して写真を探してみた。



大晦日の夜に催される王子の狐行列の時の写真です。「着物で行列」がテーマなのでコート無しで行きました。

夜を過ごすので防寒対策はいろいろとしていたこの時のコーデは以下の感じ。(内側に着ているものから)

2016年10月24日月曜日

「きものこすぎ」5万円で買えるはじめて男着物デビューセットが欲しかった

いま、熊谷のきものこすぎで『お正月デビュー「お正月男着物2017」』として男着物のはじめてセットが売られている。


これ、自分が着物をはじめる時に欲しかったー!

自分のように、リサイクルでサイズが合わない体格の着物はじめてみたい男子は検討してみると良いのでは?


以下、自分があまり調べずに適当な所で購入した4万円のはじめてセット(その後全然使ってナイヨー)と比較してみる。

【全体感】

(わいの4万セット)
 「笑点に出演されたんですか?」というような色味の青で気恥ずかしい。羽織と長着が同じ色で面白みに欠ける。
(きものこすぎセット)
 羽織と長着で色が違うのが良い。おちついた色味も他の組み合わせとも使い回しできそうな感じなのが良い。

1年目に揃えた夏装備 その2

(2012-09-14の記事です)

今年の夏は小物を揃えて夏を乗り切ろうと心に誓ったはずなのに、ふと気がついたらこんな涼しげなものが私の手元にある。





夏の装い試行錯誤 その3

(2012-09-15の記事です)

*9月5日の感想より

<組み合わせ>


  • サラファイン的な夏用Tシャツ
  • 長襦袢(麻100%/小千谷縮)
  • ステテコ(綿100%/サッカー生地7分丈)
  • 半衿(麻)
  • 阿波しじら
  • 伊達締め(紗/博多織)
  • 帯板(へちま仕様)
  • 推定名古屋帯(綿←多分)
  • 日傘
*小千谷縮の長襦袢とへちま帯板がポイント!


<感想>

夏の装い試行錯誤 その2

(2012-08-26の記事です)

*7月12日の感想より

<組み合わせ>


  • キャミソール
  • 夏用スリップ+嘘つき袖(綿100%/高島クレープ)
  • ステテコ(綿100%/サッカー生地7分丈)
  • 半衿(綿レース)
  • 阿波しじら
  • 伊達締め(紗/博多織)
  • 帯板(通常仕様)
  • 半幅帯(綿100%)
  • 日傘

<感想>

夏の装い試行錯誤 その1

(2012-08-26の記事です)

*5月17日の感想より

<組み合わせ>


  • キャミソール
  • 夏用スリップ(綿100%/高島クレープ)
  • ステテコ(綿100%/サッカー生地7分丈)
  • 半衿(手ぬぐい)
  • 紬(やや厚手の単衣)
  • 伊達締め(紗/博多織)
  • 帯板(通常仕様)
  • 半幅帯(ポリエステル100%) 日傘    

<感想>

1年目に揃えた夏装備 その1

(2012-08-26の記事です)

着物を着始めてはじめての夏。

「夏は暑いから着物を着ない」という声をちらほらと聞いたが(女性は男性に比べて帯周りが断然に暑いらしい)、それでもやっぱり着物が着たいなぁ。

夏着物で有名なのは【小千谷縮】。
とある着物屋さんでは 「裸より涼しい小千谷縮がお勧め!」 と言われたが長着を買うのは勇気がいる…。

そこで少しでも快適に過ごせるように小物から揃えてみる事にした。

女子中学生の着物に対するつぶやき

仲良しの女子中学生に聞いてみた。

「どうして着物を着ないの?」

初めは「着方が分からない」、「大変そう」など色々言っていたが、 いちばんの理由は…

どういうシーンで着物を着る予定ですか?

はじめて着物を買いにいった時に店員さんから聞かれて困った質問のひとつがコレでした。

はじめてでドキドキしながら着物屋さんに行って

 「(;´∀`)はじめてなんですけど、どんな着物がいいのかわからなくて…」

とか話すとよく聞かれたのが

 店員:(・∀・)「どういうシーンで着る予定ですか?」
 わたし:…(;・∀・)ハッ?

flickr使うの止めたら画像消えちゃったにゃん

米国Yahooのアカウント情報が流出したニュースを受けて、そういえばFlickrもYahooと連携してるんだったなぁと思い出し、最近使っていなかったのでこれを期に利用サービス整理の一環としてFlickr利用を辞めますかぁと写真を全消ししたらブログから画像が消えてしまったイマココ。
( ゚д゚)ポカーン

いやまぁそもそものところとしてウェブサイトをレンタルサーバのWordpressからBloggerに引っ越したときにテキトーに記事移行しないまましてしまって、アーカイブから手作業で記事を移行してるんですけどね。

せっかく書いた着物関連の記事が多いのでちまちま移行しようと思います。