2016年10月24日月曜日

女子中学生の着物に対するつぶやき

仲良しの女子中学生に聞いてみた。

「どうして着物を着ないの?」

初めは「着方が分からない」、「大変そう」など色々言っていたが、 いちばんの理由は…


「コスプレみたい 」
だそうだ。

彼女曰く
「着物が日本の正装で、とても美しく素敵なものだと分かってるけど、 実際自分が着るとなると周りの目が気になるし、 友達に引かれて遊んでもらえなくなりそう。」

という理由らしい。

つまり私達がロリータファッションやアニメのコスプレの人たちをいい意味で 「すご〜い!」 と見ていたとしてもそれは好奇の目に変りはなく、友達からも周りからもそういう目で見られるのが嫌だという事らしい。
特に友達関係が大きく占めている模様。

ならば友達もみんな着物だったら?と聞いたら、それなら着るという返事だった。

実際彼女を見ていると花火大会は率先して浴衣を着て行きたがる。
新しい浴衣や浴衣の小物等も欲しがる。
友達が洋服で行くと言っても浴衣で行こうとする。

この違いって何だろう。

彼女の中で
花火大会=浴衣
というのが当然の事であって何の疑いもない事なのだろう。

ならば着物でもそういう日を作ってしまえばいいのでは?

 お正月←友達と過ごさないから広まらない気がする
 バレンタイン←チョコレートのように便乗もありかも
 お花見←女子大生ぐらいならいけるかも?
 夏は浴衣で過ごす

として後は何だろう、うーん、うーん。

アイドルのライブやコミックマーケットのドレスコードを着物にしてくれれば…、などなど絶対無理と思わず考えてみるのはどうだろう。

あとこれはあくまで私の意見だけど、着物って非常に親にねだりづらいものだと思う。
気軽に 「洋服買って〜」 と言えても 「着物買って〜」 とは言い難い。
親に衣服を買ってもらっている身の中高生が 着物を手に入れようとするには親が味方にならなければならないからどんどんハードルが高くなってしまうのかもしれない。

最後に女子中学生からのぷち情報

「男の人の着物って茶色がいいよね〜♪ 」

とのこと。 世の男性諸君、次に新しい着物を手に入れる時は 茶色です!茶色!  

0 件のコメント:

コメントを投稿