2016年10月31日月曜日

友禅の技術、金彩でアート作品を作っているナツコさんの個展へ行ってきた

渋谷から表参道へいく途中のギャラリースペースで個展が行われていたので見てきました。

作家プロフィール
Natsuko Fushimi
日本の伝統染色技法「友禅染」に惹かれ、江戸友禅染職人の元で技術を学ぶ。友禅染の糸目糊技法を継承しながら、友禅染の最終工程である「金彩」技法を用いて、染色ではなく、金彩の線画を追及する金彩線画で独立。金彩アーティストとして活動中。
HP:http://natsukoyuzen.wix.com/kinsai
Instagram:https://instagram.com/kinsai_natsuko/


どれも下書きなしで一発で描くっていうんだから意味がわからない!すごすぎる!
撮影OKだったので色々撮ってきました。黒地なので反射しちゃって写真撮るの難しかった。

今回ここにはなかったのだけれど、着物へ描くのはもちろん、下駄、三味線、スマホケースなどにも描けるようです。(公式HP参照)

彼女と話している中で思ったのが、黒地に金彩で今回のような柄を描いてもらい、それが黒い羽織の裏地として使えたらカッコイイだろうなぁ、ということ。貯金ができたら是非頼みたい一品!

ヌシ

個人的なお気に入り。這う根が良い。


Pちゃん







ご自身のスマホケース。



個展のタイトル「樹脈」

なつこさんが自分で友禅染した帯。雅楽も嗜んでいるということでそのデザインなのだけど雅楽を知っている人が見ると思わずニヤリとするデザインだそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿