2016年11月5日土曜日

袴探しの旅 in Tokyo


茶道を習ってるんですがそこで使う袴が裂けてしまいまして。
もともと古着として購入したのでここを直してもまた別のところが裂ける可能性もあるだろうということで別の品を求めることにしました。

男性用の正絹、かつ馬乗り袴。紐下90cm強でリサイクルではレアな方。
これをもとめて色々回ってみた結果を書き記しておきます。

  • 仕立て上がり品
  • リサイクル品
  • いちから誂え品
お店を周る中でこの三種類がありました。

仕立て上がり品

既に仕立て上がった品で新品・新古品。
価格感としては2万~3万のものもあれば、5万~6万のものもありました。(別店舗で)
高い方はサイズ取り揃えがある感じ。安い方はサイズはあったりなかったり。マイサイズがあればラッキーという感じ。

リサイクル品

リサイクル品ということでまず馬乗りが出てこない。さらに紐下90cm超えのものはレア。
価格感は2万~3万といったところ。
一度だけサイズ良し、価格が22,000円のものがあったのだけど色柄で悩んで見送ったものがあったのだけど、1日経過せずに売れてしまっていた。
目当てのものに出会えるかどうかは運によるところが強い。

誂え品

誂えなので当然好きなように作れる。が高い。
価格感としては55,000円から8万円くらい。B反がもし手に入れば安く作れるの、かな。

◇ ◇ ◇

さて自分は結局どうしたかというと、ヤフオクで新品を入手しました。カテゴリとしては「仕立て上がり品」になりますね。

ただこれも「信頼できる出品かどうか」「サイズが合うかどうか」「色柄が気にいるかどうか」「予算内で落とせるかどうか」「最後に届くまで満足出来るものかわからない」「返品・クレーム受け付けない場合が多い」といろいろリスクを負ってます。

今回自分は満足出来るものが手に入ったので安心しておりますが、実際に届いて確認・着装するまで心配でしかたなかったです。

以上、今回の袴探しの旅でした。袴を求める人の参考になれば、と。

0 件のコメント:

コメントを投稿